とっさんのパチンコ独り言

パチンコ歴40年以上のとっさんが、好き勝手に書きました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコの釘の話

こちらをポチっとおねがいします とっさんが喜びます

こんにちは、

 

私が、どうやって釘が、見れる様になったか、お教えしましょう😏
パチンコを初めて打ったのは、今から40年前、
当時は、デジタル台・羽根物台すら、
ありません❗
そう、
チューリップ台で、まだ、手打ち台もある頃です。

毎日行くと、
打ち止め台(終了台)の札が付いているを、何台かあるのに気がついた😁
昔は、1定量の玉が出ると、予定終了
と、言って、もうその台が打て無くなるシステムだったんだよね。😩
でも、大丈夫❗
終了台の札が付いてる台を開放してくれる事もあるんだよ😁
店によって違うけどね⁉️
店員さんと仲良くなると、結構、開放してくれたんだよね。

そこで、私は、考えました。

札が付いている台と付いて無い台を見比べ、何処が違うか?
と、

やっぱり、釘の曲がり具合が、何か違うぞ⁉️

大事なポイントは、
天釘・風車・チューリップ上部分
中々見分けは、難しが、
よ〜く見ると、違うが、少しずつわかってくるんだよね。
釘が、上を向いていたり、
下を向いていたり、
左側・右側が、それぞれ、
どっちに向いているか、
後は打って覚えるしかない🤔

その後すぐに、羽根物台が❗
ここからは、釘の違いが、はっきり分かる様になってきた😁

羽根物台のポイント
羽根上部・風車・ハカマ・スタートチェッカーの2本釘
台ごとによく見ると違いが、わかってきますよね。
具体的(簡単)に、言うと、
羽根上部は、羽根に拾いやすく、
左に向いている⬅️
風車 これも左向き⬅️
ハカマ 幅狭く上から見るとスタートチャッカーと真っ直ぐ⬇️
スタートチャッカー
ハの字↔️で上向き⬆️


それと、パチンコ攻略誌に写真入りで載ってたりしていたよね🤔

やっぱり、よく見て選んだ台は、
よく羽根が、開いたり、
(昔は、よく鳴くって、言ってた。)
羽根に拾い役物に入ったり、
段々、釘見に、自信が、付いてくるんだよね😏

今は、終了台とか、ありませんから、
優良台と比べるのは、分かり辛いですが、打った台がよく回った時、隣の台と釘の違いを比較してみましょう❗
そうすれば、少しずつ釘が、解るようになってくるはずです。



f:id:mtottosan:20200402173509j:image

上の写真と、下の写真を、
見比べてみましょう⁉️



f:id:mtottosan:20200402173516j:image

違いが、解ればもう、
大丈夫😁
(注、写真は、見比べの為で、あり、
優秀台では、ありません。)
下の写真の方が若干開いてますよね。
何事でも探究心と経験ですよ⁉️

まずは、スタートチェッカー、
俗に言うヘソの釘から、覚えましょうね❗

まぁ、
完璧な台はなかなか無いけど、
釘を意識して打つ❗
って、大事なんですよね。

まとめ

やっぱり沢山回して大当たりを取るのが基本、勝つ為には、釘は、大事なので、台を選ぶ時には、よく見て、選びましょうね😁